前の記事 ≪:script.aculo.usベースのリッチGUIコンポーネント作成JavaScriptライブラリ「S...
次の記事 ≫:ペイントより圧倒的に高機能な「Paint .net 3.0」が正式リリース

JavaScriptでキーボードイベントを驚くほど簡単に扱える「KeyTypeListener.js」

2007年01月31日-はてなブックマーク

スポンサード リンク
機能変更、お知らせなど - はてな技術発表会日記 - 1月19日の技術勉強会
タイプされたキーに対するアクションを行う Observer 的なライブラリ

JavaScriptでキーボードイベントを驚くほど簡単に扱える「KeyTypeListener.js」
MochiKit ベースで、次のように簡単に使えます。

addKeybind('a', function(ev) { log('a')});
addKeybind('a', function(ev) { log('a!!');}, $('loglog'));
addKeybind('B', function(ev) { log('B')});
addKeybind('B', function(ev) { log('B!!'); return false;}, $('loglog'));
addKeybind('ctrl-x', function(ev) { log('!!!!!!!!!')});
addKeybind('ctrl-alt-o', function() { log('????????') });

cancelKeybind($('cancel'));

var cfunc = addKeybind('c', function(ev) { log('c')});
var cfunc2 = addKeybind('c', function(ev) { log('c2')});
removeKeybind('c', cfunc);

aキーやbキー、ctrl+x、ctrl-alt-o 等も上記のようにして簡単にイベント実装することが可能です。
( function の中にキーが押されたときの処理を書いてます )

これは便利ですね。

関連エントリ

関連の記事検索:JavaScript, ライブラリ, Ajax, キーボード
スポンサード リンク

By.KJ : 2007年01月31日 10:09 livedoor Readerで購読 Twitterに投稿

間違いの指摘をしていただける方はメール、あるいはTwitter/FBでお願いします(クリック)