前の記事 ≪:PHP5.2.1がリリース
次の記事 ≫:JavaScriptで線や円、四角形などの図形を描画するためのライブラリ「wz_j...

Ajaxを駆使した超リッチUIで4コマ漫画が作れるサービス「Comeeko」

2007年02月15日-はてなブックマーク

スポンサード リンク
[PR] 日々膨大に出現するJS/CSSライブラリ等を意識にとどめておく方法
Comeeko - Creating comic strips from your photos

Ajaxを駆使した超リッチUIで4コマ漫画が作れるサービス「Comeeko」



アカウントを作成する必要がありますが、これは1開発者として1回使ってみたいUIなので是非使ってみましょう。
尚、EメールアドレスのValidateは必要ないようで、登録後、すぐつかえます。

「Create」タブを押して作成を開始。

1) 漫画のコマ数を決める

4コマ、と書きましたが、2〜9コマ漫画まで作成できます。
好きなレイアウトを選択したら、ページ下部の「Step 2 Adjust Layout」に移ります。



ここでは3コマにしてみました。

2) 漫画の枠線のボーダーの色、幅などを決める



Ajaxによってリアルタイム反映なので、UI的に非常に便利なものとなっています。

3) 元画像のアップロード or Flickrから検索



元画像をアップロード、あるいはFlickr検索して、漫画のコマのベースとなる画像を作ります。
もちろん、自分で絵を描いてアップしてもよいでしょう。

で、ここの部分のUIがかなり良く出来ていて、開発者の腕の見せ所とも言える場所です。

・flickr の画像を選択後、読み込む。
・画像のサイズはGUIで簡単にリサイズ変更可能。
・吹き出し画像はドラッグ&ドロップで移動でき、すぐさま内容を書き換えられる&、吹き出しの開始位置をドラッグ&ドロップで選べる!
・画像上に置いたアイテムはページ下部に一覧表示され、プロパティを簡単に書き換え可能!



4) 確認&保存!

最後に確認と保存です。
次のようなコミックが簡単に作れてしまいます。



1開発者として注目すべきUIで実装されている部分に注目してほしいのはちろんのこと、1サービスとしてかなり楽しめるサービスになっているので是非遊んで見ましょう。
関連の記事検索:Ajax, Webサービス, comic, Web制作, webservice, Web2.0
スポンサード リンク

By.KJ : 2007年02月15日 20:00 livedoor Readerで購読 Twitterに投稿

間違いの指摘をしていただける方はメール、あるいはTwitter/FBでお願いします(クリック)