前の記事 ≪:画像にマスクを施せるJavaScriptライブラリ「Edge.js」と画像エフェクトラ...
次の記事 ≫:超クールJavaScriptライブラリ「Ext v1.1」正式版リリース

使えるHTMLエンティティ文字 - raquo,laquo

2007年08月06日-はてなブックマーク

スポンサード リンク
[PR] 英単語を忘却曲線アプリを使って超効率よく記憶する方法
使えるHTMLエンティティ文字 - raquo,laquo。
HTMLオンリーで横矢印の文字を表示できるのですが、あまり知られていないようなので紹介です。

以下のような記号をHTMLエンティティ文字で表現することが可能です。
« («)  »  (»)

これは例えば、「ダウンロード » 」といったような使い方が出来ますね。
「ダウンロード→」 のように、右矢印記号よりも断然カッコよく表示できます。

これまで、画像でこういったイメージを作っていたという方も、この文字を使うことで楽を出来るということで覚えておきましょう。
他にも、「HTMLエンティティ文字を検索「HTML Entity Character Lookup」」で紹介したサイトで便利なエンティティ文字が見つけられるかもしれません。

エンティティ文字を活用して、デザインを楽にしましょう!
関連の記事検索:HTML, チュートリアル
スポンサード リンク

By.KJ : 2007年08月06日 10:06 livedoor Readerで購読 Twitterに投稿

間違いの指摘をしていただける方はメール、あるいはTwitter/FBでお願いします(クリック)