前の記事 ≪:2009年3月24日 管理人のブックマーク
次の記事 ≫:1クリックで写真の印象を簡単に変えてしまうPhotoshopアクション集

PHPプログラムを解析して何処が重いか?がブラウザ上で簡単に分かる「XHProf」

2009年03月25日-はてなブックマーク

スポンサード リンク

XHProf Documentation (Draft)

PHPプログラムを解析して何処が重いか?がブラウザ上で簡単に分かる「XHProf」。

通常、PHPでのプロファイリングというと、Xdebugでファイルを吐き出して、WinCacheGrindKCacheGrindで読み込むというのが定番です。
ですが、この方法だと、ファイルを吐き出したファイルをGETして、ソフトに読み込ませる、というちょっと面倒な手順が必要でした。

XHProf を使えば、ブラウザ上で、プロファイリングが出来るみたいです。

XHProfの特徴

まず、セグメントごとの実行時間やメモリ利用の状況なんかがブラウザで見れます。
プログラムの構造を把握するのにも使えます。


プロファイリングの階層表示


2つのプロファイリングのdiff(比較)が可能



更に、Callgraphというものが見れるらしい。
プログラム実行の遷移図みたいなもので、重い部分を赤とか黄で視覚的に表示してくれる…、ってこれは凄い!


インストール

インストールはダウンロードしたパッケージを、phpize→configure→make という他のPHP拡張同様の流れでコンパイルしてphp.iniに.soを追記します。
具体的な方法

XHProf自体はpeclにもなっているようですので、peclでもインストールできるかも。
PECL :: Package :: xhprof

使い方

プロファイリングの開始、終了は pecl インストールで使えるようになった関数を呼び出すだけという簡単仕様になってるみたい。

<?php

// プロファイリングの開始
xhprof_enable();

// プロファイリングしたい部分。何らかの処理
hogehoge();

// プロファイリングの終了
$xhprof_data = xhprof_disable();

// データを生で閲覧
print_r($xhprof_data);

?>

このままだと、データが綺麗に見えないので、同梱のPHPプログラムによって整形出力します。
ダウンロードしたパッケージの、examples以下にあるsample.phpや、xhprof_html, xhprof_lib 以下のファイルなんかが参考に出来るでしょう。
データを綺麗に表示する部分のソースはPHPなので、比較的簡単にソースを改造して、プロファイリング画面のUIを柔軟に変えることが出来そうですね。

PHP5.2以上で動作するようです。

関連エントリ

関連の記事検索:PHP, デバッグ, プログラミング, チューニング, 開発, development
スポンサード リンク

By.KJ : 2009年03月25日 07:01 livedoor Readerで購読 Twitterに投稿

間違いの指摘をしていただける方はメール、あるいはTwitter/FBでお願いします(クリック)