前の記事 ≪:URLを指定するとキャプチャを作ってくれて自由に書き込んで即シェア...
次の記事 ≫:細部に凝った一度見たら忘れなさそうなブログデザイン73

CSV形式のデータを簡単にテーブルに出来るjQueryプラグイン「csvtotable」

2010年06月25日-はてなブックマーク

スポンサード リンク
[PR] 英単語を忘却曲線アプリを使って超効率よく記憶する方法
jquerycsvtotable - Project Hosting on Google Code

CSV形式のデータを簡単にテーブルに出来るjQueryプラグイン「csvtotable」
DBから取り出したようなCSV形式のファイルを読み込んでテーブルにしてくれるプラグインです。
単にCSVのファイルを出力すれば、<table><tr><td> といった面倒な処理を書かずにテーブルを構築出来てしまうので非常に便利です。

album,artist,price
"lateralus","tool",13.00
"aenima","tool",12.00
"10,000 days","tool",14.00
"down in it","nine inch nails",3.00
"broken","nine inch nails",6.00

出力した場合は次のようなテーブルになります。
初期化時にCSSのクラス名なんかも指定できるので、CSSによるデザインも容易です。



<div id="CSVTable"></div>

<script>
$(function() {
    $('#CSVTable').CSVToTable('test.csv');
});
</script>

使い方はいたって簡単で、$(element).CSVToTable(ファイル名); としてやるだけです。
ローディング中の画像なんかもオプションで指定して表示させるなど柔軟に動きをカスタマイズできるようです。
関連の記事検索:jQuery, csv, JavaScript, テーブル, プラグイン
スポンサード リンク

By.KJ : 2010年06月25日 10:07 livedoor Readerで購読 Twitterに投稿

間違いの指摘をしていただける方はメール、あるいはTwitter/FBでお願いします(クリック)