前の記事 ≪:手軽に画像の角を丸くできる「角丸君」v1.0.0
次の記事 ≫:JavaScriptでWiki記法のテキストをHTMLに変換する

JavaScriptでブラウザのフォントサイズを検出する方法

2006年09月13日-はてなブックマーク

スポンサード リンク
[PR] 英単語を忘却曲線アプリを使って超効率よく記憶する方法
A List Apart: Articles: Text-Resize Detection
When you design for the web, you don’t know what software people will use to experience your site, and you don’t know what capabilities your users (and their software) have.
CSSとJavaScriptでブラウザのフォントサイズを検出する方法。
ブラウザの各々のフォントのサイズって検出できないと思っていましたが、JavaScriptを使うことでそれが可能です。

これにより、次のことが可能になります。

・ フォントサイズに合わせたデザイン調整
・ アクセスログに新たなデータを追加(利用者はどのぐらいのサイズで自分のページを見ているか?)

大まかな手順としては次の流れになります。

1. hiddenなspanタグを作成し、その中に半角スペースを入れる
2. spanタグのoffsetHeightを取得
3. setIntervalで定期的にoffsetHeightを監視(変更時にデザイン調節等なんらかの処理を行う)

フォントサイズ検出のデモページ

出来ないと思っていたことも、こういったちょっとしたテクニックで出来てしまうことが結構あるみたいですね。

関連エントリ
CSS&JavaScriptを使ってサイト利用者の訪問済みor未訪問サイトを分析
関連の記事検索:JavaScript, CSS, Tips, フォント, ブラウザ, デザイン
スポンサード リンク

By.KJ : 2006年09月13日 20:13 livedoor Readerで購読 Twitterに投稿

間違いの指摘をしていただける方はメール、あるいはTwitter/FBでお願いします(クリック)