前の記事 ≪:JavaScript入門&応用&リファレンス&ライブラリ紹介サイト「JavaScriptist...
次の記事 ≫:blockquoteでの引用を美しく表示するCSSサンプル

JavaScriptから使える便利なURLパーサークラス「URLParser」

2006年11月27日-はてなブックマーク

スポンサード リンク
[PR] 日々膨大に出現するJS/CSSライブラリ等を意識にとどめておく方法

URLParser - Public code - Trac

JavaScriptから使えるURLパーサークラス「URLParser」。
次のように簡単に使えます。PHPでいうところの、parse_url 関数にあたる機能ですね。

var p = new Poly9.URLParser('http://user:password@poly9.com/pathname?arguments=1#fragment');

/* OUT *
p.getHost() == 'poly9.com' // ホスト
p.getProtocol() == 'http' // プロトコル
p.getPathname() == '/pathname' // パス名
p.getQuerystring() == 'arguments=1' // クエリ文字列
p.getFragment() == 'fragment' // ブックマーク
p.getUsername() == 'user' // ユーザ名
p.getPassword() == 'password' // パスワード
*/

p.setURL('another.url.com'); // 別のURL設定

/* OUT *
p.getHost() == 'another.url.com'
p.getProtocol() == ''
*/

これは便利です。

関連エントリ

関連の記事検索:JavaScript, ライブラリ, url, Ajax, lib
スポンサード リンク

By.KJ : 2006年11月27日 11:06 livedoor Readerで購読 Twitterに投稿

間違いの指摘をしていただける方はメール、あるいはTwitter/FBでお願いします(クリック)