前の記事 ≪:AdobeのCSS情報サイト「CSS Advisor beta」
次の記事 ≫:ブラウザ上で動作するOSのまとめ

ウィンドウサイズに応じてレイアウトを調整するJavaScriptライブラリ「Dynamiclayout.js」

2006年12月27日-はてなブックマーク

スポンサード リンク
[PR] 日々膨大に出現するJS/CSSライブラリ等を意識にとどめておく方法

Particletree Dynamic Resolution Dependent Layouts

ウィンドウサイズに応じてレイアウトを調整するJavaScriptライブラリ「Dynamiclayout.js」。
読み込んでおくだけで、750px以下、750px以上/950px以下、950px以上の3つのウィンドウサイズに応じて自動でCSSを切り替えることが出来ます。

JavaScriptの知識が一切なくとも、利用者の端末に合わせて、最適なUIを選択することができ、なかなか面白い&便利。
アイデア次第で凄く優れたWEBサイトになりそうな感じですね。


(750px 以下)


(750px以上/950px以下)


(950px以上)

関連エントリ

関連の記事検索:JavaScript, CSS, ライブラリ, Webデザイン, デザイン, Web制作
スポンサード リンク

By.KJ : 2006年12月27日 07:08 livedoor Readerで購読 Twitterに投稿

間違いの指摘をしていただける方はメール、あるいはTwitter/FBでお願いします(クリック)