前の記事 ≪:CakePHP勉強会の発表資料
次の記事 ≫:ドラッグ&ドロップで描画して好きなHTMLレイアウトを作成できる「Draw...

クロスドメインなのにAjax出来てしまう仕組み「ACD」

2007年12月12日-はてなブックマーク

スポンサード リンク
[PR] 英単語を忘却曲線アプリを使って超効率よく記憶する方法
AJAX Cross Domain - ACD
AJAX Cross Domain is a library that allows to perform cross-domain AJAX requests.

クロスドメインなのにAjax出来てしまう仕組み「ACD」。
通常、クロスドメイン間のリモートデータはセキュリティの関係上、読み込めません。
JSONPによるクロスドメインデータ読み込みの裏技も存在しますが、ACDはもっとシンプルです。

例えば次のコードを実行すると、www.google.com のhtml が alert されます。

<script type="text/javascript" src="http://www.ajax-cross-domain.com/cgi-bin/ACD/ACD.js?uri=(http://www.google.com)"></script>
<script type="text/javascript">
alert(ACD.responseText);
</script>

ACD.responseText に読み込んだ後のデータが入っているので、後はJSONとしてeval するなどして使えます。
これは ajax-cross-domain.com が落ちない限りはなかなか使えそう。

ACD.js を解析して、オリジナルのサーバにこういった仕組みを置いておくと便利そうです。
もちろん、勝手に使われないようにセキュリティは確保したいですね。

関連の記事検索:JavaScript, クロスドメイン
スポンサード リンク

By.KJ : 2007年12月12日 07:06 livedoor Readerで購読 Twitterに投稿

間違いの指摘をしていただける方はメール、あるいはTwitter/FBでお願いします(クリック)