前の記事 ≪:bit.lyのAPIを使ってAjaxでURLを速攻で短くするサンプルプログラム
次の記事 ≫:jQueryで重力をシュミレーションするサンプル

IE6ユーザへのアップデートをスマートに促すことが可能な「ie6update.js」

2009年07月31日-はてなブックマーク

スポンサード リンク
IE6 Update

IE6ユーザへのアップデートをスマートに促すことが可能な「ie6update.js」。
Windowsユーザの方ならご存知の、ブラウザ最上部に表示される情報バーのようにやんわりとアップデートを促してくれるJavaScriptコードです。



最近、海外のサイトを見ているとこの仕組みを使ったサイトをよく見かけますよね。

実装は、サイト上に掲載されているコードを貼り付けるだけで実装できるという容易さもGood!



コードは以下で、googleのホスティングするjQueryコードなどを読み込むものになっています。

<!--[if IE 6]>
<script type="text/javascript">
/*Load jQuery if not already loaded*/ if(typeof jQuery == 'undefined'){ document.write("<script type="text/javascript" src="http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.3.2/jquery.min.js"></"+"script>"); var __noconflict = true; }
var IE6UPDATE_OPTIONS = {
icons_path: "http://static.ie6update.com/hosted/ie6update/images/"
}
</script>
<script type="text/javascript" src="http://static.ie6update.com/hosted/ie6update/ie6update.js"></script>
<![endif]-->

日本語にしたい場合は、コードをダウンロードして自分のサーバに設置することも出来るので、その方法で実装できます。

追記) 次のように記述することで日本語に簡単にできるみたいです。

<!--[if IE 6]>
<script type="text/javascript">
/*Load jQuery if not already loaded*/ if(typeof jQuery == 'undefined'){ document.write("<script type=\"text/javascript\" src=\"http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.3.2/jquery.min.js\"></"+"script>"); var __noconflict = true; }
var IE6UPDATE_OPTIONS = {
icons_path: "http://static.ie6update.com/hosted/ie6update/images/",
message: "このサイトを快適に閲覧するにはInternet Explorerのアップグレードが必要です。ここをクリックして最新版をダウンロードし、インストールしてください...",
url: "http://www.microsoft.com/japan/windows/internet-explorer/default.aspx"
}
</script>
<script type="text/javascript"
src="http://static.ie6update.com/hosted/ie6update/ie6update.js"></script>
<![endif]-->

coolmint さん、ありがとうございました。

関連エントリ
関連の記事検索:JavaScript, ie6, IE, ブラウザ, browser, CSS
スポンサード リンク

By.KJ : 2009年07月31日 09:00 livedoor Readerで購読 Twitterに投稿

間違いの指摘をしていただける方はメール、あるいはTwitter/FBでお願いします(クリック)