前の記事 ≪:PHPで動画のストリーミングサーバを作れるフレームワーク「xmoovStream」
次の記事 ≫:2010年1月8日 管理人のブックマーク

JavaScriptでどうしても外部のドメインのコンテンツを読みたい際に使えるプロキシスクリプト「Simple PHP Proxy」

2010年01月08日-はてなブックマーク

スポンサード リンク
[PR] 英単語を忘却曲線アプリを使って超効率よく記憶する方法
JavaScriptでどうしても外部のドメインのコンテンツを読みたい際に使えるプロキシスクリプト「Simple PHP Proxy」が公開されています。



自分のサイトにおいた、proxy.phpに対して、proxy.php?url=http://phpspot.org/blog/ といった形でURLを指定するとPHP内でcurlが外部ドメインのコンテンツをロードしてきてくれ、JS側からはそのまま自ドメインのproxy.phpにアクセスするという形でクロスドメインを可能にするajaxでは最も古典的なやり方を実現するためのPHPで書かれたプロキシスクリプトです。

クッキーなどもそのまま送ってくれる機能や、JSONでレスポンス値を受け取るモードなどが最初から実装されています。
そのまま使うのは、勝手に第三者によって中継されてしまうのでNGだと思いますが、最初のたたき台として使うのはありかもしれませんね。

以下のエントリを参照してください。
Ben Alman Simple PHP Proxy: JavaScript finally "gets" cross-domain!
関連の記事検索:PHP, JavaScript, proxy, Ajax, チュートリアル, ツール
スポンサード リンク

By.KJ : 2010年01月08日 11:07 livedoor Readerで購読 Twitterに投稿

間違いの指摘をしていただける方はメール、あるいはTwitter/FBでお願いします(クリック)