前の記事 ≪:2010年11月16日 管理人のブックマーク
次の記事 ≫:字幕.inみたいなサイトが簡単に作れそうなスマフォ対応のHTML5動画プレ...

画像自体をBase64エンコードしてHTML内に埋め込んで高速化するPHPコード例

2010年11月17日-はてなブックマーク

スポンサード リンク
[PR] 日々膨大に出現するJS/CSSライブラリ等を意識にとどめておく方法

Base64 Encoding for Images.

画像自体をBase64エンコードしてHTML内に埋め込んで高速化するPHPコード例。
Googleがインスタントプレビューや画像検索で導入してその読み込み速度に驚いた方も多いかもしれません。
その手法をPHPで実現するコードが掲載されていましたのでご紹介。



PHPでやるにはそんなに難しいわけではなさそう。

<?php

$img_src = "image/sample.png";  // 画像ファイルの指定
$imgbinary = fread(fopen($img_src, "r"), filesize($img_src)); // バイナリデータを読み込み
$img_str = base64_encode($imgbinary); // base64エンコード
echo '<img src="data:image/png;base64,'.$img_str.'" />'; // imgタグで出力

?>

インラインCSSのように別ファイルへのコネクションを減らすことでブラウザ上でのレンダリングが高速になるというものです。
このコードによってサーバ側の負荷が上がってしまってはどうしようもありませんが、余力ある場合はユーザ体験向上のために入れてみてもいいかも。

関連エントリ

関連の記事検索:PHP, 画像, 高速化, HTML, base64, パフォーマンス
スポンサード リンク

By.KJ : 2010年11月17日 09:09 livedoor Readerで購読 Twitterに投稿

間違いの指摘をしていただける方はメール、あるいはTwitter/FBでお願いします(クリック)