前の記事 ≪:フレッシュでフリーなWordPressテーマ2011
次の記事 ≫:独自デザインselectボックス実装時に使えそうなjQueryプラグイン「EasySele...

PHPでWEBサイトのスクリーンショットを作成するチュートリアル

2011年06月20日-はてなブックマーク

スポンサード リンク
Taking screenshots of websites in PHP

PHPでWEBサイトのスクリーンショットを作成するチュートリアルが紹介されています。
スクリーンショットの撮影には wkhtmltopdf というオープンソースソフトウェアを利用します。
このソフト自体がMac OS XやWindows、Linuxで動作するコマンドラインツールとなっているようなのでクロスプラットフォームで動作します。



このツールを使えば、「wkhtmltoimage --quality 50 http://phpspot.org/blog/ snap.jpg」のようにコマンドを打つことでスナップショットが撮れます。
コマンドラインオプションが多数あるのでPHPerじゃない方も覚えておいて損はなさそうです。
例えば、 JavaScriptをオフにした状態でスクリーンショットを撮ったり、高さや幅の指定、切抜きの指定なんかが全部コマンドラインで行えます。

これとSnappyというPHPのライブラリを組み合わせてサムネイルを作るコードが公開されています。
内部的には shell_exec 関数を起動しているそうです。



スクリーンショットがあればサイトのイメージは伝わりますし、色々と便利に使えそうで、これを自前で用意したい時に参考にできますね。
尚、記事中では触れられていませんが、php-wkhtmltox というHTMLをPDFに変換するPHP拡張もあるみたいです。

関連エントリ

関連の記事検索:PHP, スクリーンショット, ライブラリ, Web制作, チュートリアル, オープンソース
スポンサード リンク

By.KJ : 2011年06月20日 09:05 livedoor Readerで購読 Twitterに投稿

間違いの指摘をしていただける方はメール、あるいはTwitter/FBでお願いします(クリック)