前の記事 ≪:株価等を表示するためのグラフを描画できる「Iguana Charts」
次の記事 ≫:GoogleAPIを使ったPHPで円グラフを描画するチュートリアル

表示領域に入ったかどうかを検知する「in-view.js」

2016年09月13日-はてなブックマーク

スポンサード リンク
[PR] 日々膨大に出現するJS/CSSライブラリ等を意識にとどめておく方法

in-view.js - Get notified when a DOM element enters or exits the viewport.

表示領域に入ったかどうかを検知する「in-view.js」
アニメーション等は画面領域外でしても静止画と変わらず意味の無いものになってしまいますが、表示領域に入ったタイミングでアニメーション等をさせるためのライブラリです
依存性がなく軽量でで使うことが可能です


関連エントリ

関連の記事検索:JavaScript, アニメーション, DOM, Webデザイン, jQuery-Scroll
スポンサード リンク

By.KJ : 2016年09月13日 09:00 livedoor Readerで購読 Twitterに投稿

間違いの指摘をしていただける方はメール、あるいはTwitter/FBでお願いします(クリック)