前の記事 ≪:リニューアルされて使い勝手が格段にUPした「Yahoo! Bookmarks」
次の記事 ≫:クールなロゴをオンラインでお手軽作成「FREE Logo Maker」

ウィキペディア情報をサイトで利用できるAPI 「Wikipedia API」

2006年10月26日-はてなブックマーク

スポンサード リンク
[PR] 日々膨大に出現するJS/CSSライブラリ等を意識にとどめておく方法
WikipediaAPI - ウィキペディア情報をサイトで利用できるAPI
キーワードを指定すると、その言葉に関するwikipediaの記述をダイジェストとして返します。コンテンツ内に百科事典機能を持つサイトを簡単に作ることが出来ます。SimpleAPIシリーズの特徴でもあるJavascriptやHTML出力も用意しています。

ウィキペディア情報をサイトで利用できるAPI 「Wikipedia API」。
ウィキペディアの情報は「Wikipedia:データベースダウンロード - Wikipedia」からダウンロードすることが可能です。

ただ、ダウンロードしたデータはWIKIの形式になっており、なかなか使うのが難しいという問題点がありました。
WikiPediaAPIを使えば、データ形式をXMLで取得できるので、比較的簡単にデータの利用が出来て便利ですね。



phpから簡単にwikipediaapiを使える、「PEAR::Services_Wikipedia」 出ませんかね。と言ってるところで誰か既に作ってそうです:-)

関連エントリ

関連の記事検索:API, Wikipedia, PHP, webサービス
スポンサード リンク

By.KJ : 2006年10月26日 14:03 livedoor Readerで購読 Twitterに投稿

間違いの指摘をしていただける方はメール、あるいはTwitter/FBでお願いします(クリック)